初盆(新盆)、ご返礼品の御案内
初盆のお品物にお付け致します。
       
    進呈品  
     
初盆 ご予約・お買い上げのお客様にプレゼント!
  初盆サービス  
     
初盆(新盆)ワンポイント&一言アドバイス
    【供養】  
    忌明けが過ぎてから初めて迎えるお盆を「初盆(はつぼん)」あるいは「新盆(にいぼん)」と言います。
忌明け前にお盆を迎えたときは、翌年を初盆とします。普段お盆の供養をされないご家庭でも初盆は別です。
新仏に最も近い親戚は、白張提燈を贈り飾ります。お盆には、先祖の精霊が家に戻ってきています。つまりお墓は留守ということですから墓参りはしません。僧侶がわざわざ各家を回って読経するのもその為です。
お墓には、お盆の前日又は初日の昼間に行き、掃除と参拝を済ませ霊を向かえに行きましょう。
 
     
    【返礼品】  
    最近の習慣として、盆提灯の代わりに「御仏前」「御提灯代」と表書きした金包や供物を贈る事が多くなりました。
このようなお供えに対して、ご近所などに700円〜1,000円位の返礼品を。ご親戚には、1,500円〜3,000円位の品の返礼品を用意するのが一般的です。
表書きには「初盆」「志」とします。僧侶にお経をあげて頂いたあとご親戚一同で法要の膳を囲みます。
僧侶には御礼として「御布施(仏式)」、「御祭祀料(神式)」、「御塔婆料」と表書きした金包を渡します。
 
     
    【一言】  
    お中元は、毎年贈っているお宅に不幸があった場合でもお祝いではないので贈ってもいっこうにかまいません。ただし先方の気持ちが沈んでいる時ですから、麗々しく水引などかけないようにします。また日本茶は香典返しに用いられる事が多いので避けた方がよいでしょう。同様にこちらが喪中の場合でも贈ってもかまいません。  
     
お盆って何をしたらいいの?
    盆棚の飾り方等は、地域によって違いがありますが「しきたり」に拘ることはありません。大切な事は、お迎えする気持ちです。お仏壇を置いていない家庭も多いようですが、お盆の間だけでもご先祖様への感謝の気持ちを大切にしてお盆棚を作り供養しましょう。  
     
     擇墓の掃除】
お墓には、お盆の前日又は初日の昼間に行き掃除と参拝を済ませ霊を迎えに行きます。
 
     
    ◆攴猗】
盆棚(仏具・ロウソク・お線香・まこも・牛馬飾り・盆提灯などの準備・お供え物・供養の膳・迎え火送り火用のたい松・積み団子・香花・生花・ホウズキ・故人の好物だった物や果物)も用意します。お見舞者(親戚用・ご近所用)お参りしていただいた方に対して返礼品を用意しお渡しします。持ち帰り のことを考えて重い物や大きいものは避けた方が良いと思います。僧侶への御礼のお布施も用意しておきましょう。
 
     
    【盆入り/朝】
お位牌を仏壇から盆棚に移します。お盆にお迎えする故人の霊はいつものお仏壇に入れるのは良くないとされているため、特別に飾りつけた「精霊棚」を設けます。仏壇の前に小机などを利用して設置しましょう。仏具・御霊膳・花・ナスとキュウリの牛と馬などを供えます。お迎え提灯・お供え物なども準備します。
 
     
    ぁ數瀑り/午前】
家族揃ってお墓参りに行く。「迎えは早く、送りは遅く」と一般的に言われています。お墓でお線香をつけ、その火(精霊)を提灯に移して持ち帰りその火を盆棚の灯明に移すのですが、最近は火の始末の心配などから形式的に済まし、電気式の盆提灯などが普及しています。
 
     
    ァ數瀑り/夕方】
戸外が暗くなったら、家の門口や玄関で「迎え火」をたきます。精霊が迎え火を目印に帰ってくると言われる為で盆提灯の電気もつけます。
 
     
    Α效翔】
僧侶を迎えて読経をして頂きます。親族や故人と親しい人たちを招いて会食をすることが一般的には多いようです。
 
     
    А攸り盆】
お盆の明けになります。送り火をたいて御霊の見送りをします。「来年もお会いしましょう」という気持ちを込めて送ります。
 
       
  お問い合わせはたかやなぎまで